不動産信託

不動産を経営資源としてより柔軟に活用する

不動産信託による流動化・証券化は、オフバランスなど何らかの目的の達成を行なうための経営・財務的手段のひとつです。オリジネーター(原資産保有者)としては、その時々の経営・財務ニーズに適した手法を検討した結果として、最もふさわしい場合に流動化・証券化を選択することになります。

不動産信託による流動化・証券化には、1)オフバランス効果(※1)、2)保有リスクを軽減する効果、3)資金調達手段を多様化させる効果など、企業経営の柔軟性の確保とリスク回避をよりよく実現できるというメリットがあります。

不動産信託サービスのニーズとメリット

まずは無料のご相談からお気軽に

お問い合わせ・ご相談別ウィンドウを開きます